降り注ぐ薄紫、藤の花幻想的 大山の住雲寺

ライトアップされた藤の花を楽しむ来場者=4日午後7時53分、鳥取県大山町古御堂、住雲寺
 「藤寺」の愛称で知られる鳥取県大山町古御堂の住雲寺で藤の花が盛りを迎えた。夜間ライトアップでは、薄紫色のシャワーが降り注ぐような光景が浮かび、家族連れらを楽しませている。

 境内には樹齢50年前後の藤の木が4本あり、最も枝張りが大きいものは幅20メートル、奥行き15メートルに達する。藤棚から長さ1メートル前後の花房がびっしりとぶら下がり、風に揺れながら甘い香りを振りまいている。

 4日は、日没後に照明がともされると、暗闇に映えて一段と花の美しさが増した。県内外から訪れた写真愛好家やカップルが、幻想的な景色を写真に収めて楽しんでいた。

 ライトアップは5月中旬まで、日没から午後10時に行われる。見ごろは7日ごろまでという。

 出雲市平田町から訪れた会社員熱田勝敏さん(50)は「こんなに大きい藤棚は初めて見た。花がぶら下がる風景に癒やされます」と話した。

2017年5月5日 無断転載禁止