鳥取県16年度支援事業活用 正規雇用28%増

 鳥取県は8日、県の支援事業を活用した2016年度の正規雇用人数が3329人となったことを明らかにした。15~18年度で1万人の正規雇用創出を目指しており、高い有効求人倍率や企業立地の増加を背景に16年度は年間目標(2607人)を28%上回った。一方で介護や林業は目標の半数以下にとどまり、人材不足が続いている。

2017年5月9日 無断転載禁止