雲南・木次で桜の塩漬け作り 春味 香りもぎゅっと

桜の塩漬けを陰干しする「木の花工房」のメンバーら=雲南市木次町里方
 桜茶や桜ご飯で味わう桜の花の塩漬け作りが、島根県雲南市木次町で行われている。陰干しする作業場には、大輪の花火や花畑のように並べられた八重桜「関山(かんざん)」の花がびっしり。かぐわしい香りに包まれ、住民グループ「木(こ)の花工房」(吾郷康子代表)の会員らが作業を続けている。

 雲南市名物の桜を生かした商品作りに取り組む同工房が、約7年前から製造。地元で摘んだ花を洗い、塩や梅酢で約2週間漬け込んだ後、1日半ほど陰干しする。薄めの塩加減が特徴で和洋菓子の材料にもなる。

 今春は約80キロを漬け込み、8日に木次町里方の作業場で陰干しを始めた。会員の女性らが1輪ずつ花の形を整えながら、ざるやテーブルに並べている。陰干しは5月半ばまで続き、瓶詰めした商品は、同市内のワイナリーや松江市内のお茶店などで販売される。

 会員の高尾直美さん(67)=雲南市木次町木次=は「陰干しは根気が要る作業だが、瓶に入れてもきれいに見えるよう、一つ一つ丁寧に仕上げている」と話した。

2017年5月10日 無断転載禁止