運輸安全委の大福丸調査終了 17年度中に報告書

 松江市美保関町沖の沈没地点から引き揚げられた田後(たじり)漁協(鳥取県岩美町)所属の底引き網漁船「大福丸」(76トン)について、国土交通省運輸安全委員会は9日、境港市昭和町の境港で実施していた船体調査を終えた。調査結果などを基に事故原因をまとめた報告書を、2017年度中に発表する方針を示した。

2017年5月10日 無断転載禁止