島根B1王手 Bリーグ2部

第4クオーター、岡本飛竜(左)の速攻で54-46とリードを広げ、喜ぶ島根スサノオマジックのメンバー=松江市総合体育館
プレーオフ広島に先勝

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジック(西地区1位)が13日、松江市学園南1丁目の同市総合体育館でプレーオフ準決勝の第1戦を行い、広島ドラゴンフライズ(同2位)に60-55で先勝し、決勝進出と来季の1部(B1)昇格にあと1勝と王手をかけた。

 島根は42-44で迎えた最終クオーター開始直後、シューティングガード安部潤(31)=松江市出身=の逆転の3点シュートで流れを引き寄せ、ポイントガード岡本飛竜(24)=米子市出身=らの得点で突き放した。

 同準決勝は2戦先勝方式。第2戦は14日午後0時55分から同体育館で行われ、1勝1敗となった場合は引き続き第3戦(前後半各5分)が実施される。

2017年5月14日 無断転載禁止