教育に求めるもの/「中高一貫校」の狙いは?

ふるさと島根定住財団顧問 藤原義光

 浜田市では、有用な人材育成と地域活性化を進めるため、公立の中高一貫校の設置を求める協議会で学習と運動を進めるという。

 「中高一貫」といっても今の中学、高校とどう違うのか? その違いや意義は分かりにくい。利点を極端に要約すれば(1)高校受験がない分、ゆとりを持った中学校生活が送れる(2)環境変化によるストレスがなく、スムーズに高校に進級できる(3)6年間を通じた特色ある教育ができる(4)中学3年段階から高校の授業を先取りして、大学受験対策が可能となる-という。

 利点もあるが、疑問点もある。一つ目は成長段階にあって、中学1年生と高校3年生は身体的にも精神的にも大きな違いがある点だ。中学から高校の6年間を一つの学校で入学式、卒業式、始業式などの式典や運動会、文化祭を催すことが今の枠組み(中学、高校)より優位性があるかどうか? それは中学、高校で別に行えばいいというならば、中高一貫校は論理的に成り立たない。

 二つ目は、人格形成の過程では(さらに人生では)、さまざまな節目があって、その節目のハードルやストレスを乗り越えてこそ精神的に鍛えられるし飛躍できるのだが、心身の成長の著しい時期の節目である「中学から高校へ」をなくすことが、果たして得策かどうか? 人間誰しもやすきに流れる性向があることは否めない。新しいことに飛び込むには、大なり小なり勇気と決断がいる。

 三つ目は全国的には公私合わせて100校を超える一貫校があり、大学受験などで成果が上がっているというが、「成果主義」を動力として一貫校にしていいのかどうか?

 さらに実務的な問題として、中学校の設置者は市町村、高校は県であるが、それを調整・克服するに値するほどのメリットがあるかどうか。一貫校への小学校からの入学はどう選別するか、などの課題もある。

 私も「もっと中学校、高校が連携して一貫した教育を行うべきだ」との考えには強く賛同する。高校が中学校に、中学校は小学校に対して、進学してくる子どもの「仕上げ」に不満を持っている現状も承知している。

 かつては教育県と言われた島根県の学力の長期低落の現状と、一向に成果を挙げない向上対策へのいらだちは十分理解する。

 しかし、それは地味ではあっても(1)教員の多忙の緩和(2)生徒から見た教員の権威の回復と、指導力の向上(3)その成果として得られる生徒の「学習意欲や集中力」、「家庭学習時間」の増加-を目指すことでしかない気がする。

 70年の人生から得た結論が二つある。一つがどんな職業に就いても想像力(創造力)と勉強の仕方、その基盤となる一定レベルの教養が必要だということ。二つ目は「世間に迷惑をかけず、少しは役に立ったし、そこそこ楽しいいい人生だった」かどうかは、「学校の成績やいい大学を出たから」が大きな決定要因ではないということだ。精神(心)が十分に育たないまま成人したお粗末な学校優等生の「空気が読めない」「他人をおもんぱかることができない」事例は多分にある。

 心の豊かさを重視する教育理念として提唱した「感性を磨けば人生が楽しくなる。知性を高めれば、人生が豊かになる」はこうしたことを念頭に置いたものだ。

 浜田市での中高一貫校の検討は開始されたばかりだから、予見を持っての意見は差し控えるべきだが、教育行政に一時期、身を置いた者としての私見である。

 大学への進学。それは目標ではない。その先にあるものをしっかりと見据えた検討が大事だ。

 …………………………

 ふじはら・よしみつ 岡山大卒。1972年、島根県職員採用。財政課長、浜田総務事務所長、地域振興部長、教育長、ふるさと島根定住財団理事長などを歴任。現在、同財団顧問。

2017年5月14日 無断転載禁止