鳥取県 検討中の星空保全条例 光の規制を議論へ

 鳥取県の平井伸治知事は18日の定例会見で、制定を目指す「星空保全条例」について、人工的な光の規制の検討対象を星空鑑賞の適地に絞らず、全県的な取り組みに広げる意向を示した。空を照らすサーチライトの規制を想定。市街地の光が山間部の星空観察などを妨げるとの関係者の声もあり、有識者らの意見を踏まえ是非を判断する。

2017年5月19日 無断転載禁止

  • さんさん