音楽で荒島に活気を 野外フェス 20組が会場沸かす

息の合った演奏を披露する「やすぎジュニアブラスバンド」のメンバー
 野外音楽イベント「荒島ミュージックフェス」が21日、島根県安来市荒島町の古代出雲王陵の丘野外ステージで開かれた。山陰両県のアマチュアバンドやミュージシャンら計20組が出演し、美しい演奏などを披露して観客を魅了した。

 音楽で荒島地区を元気にしようと、同地区の若手有志でつくる実行委員会が開き、4回目を迎えた。

 オープニングを飾ったのは、市内の小学生13人がメンバーの「やすぎジュニアブラスバンド」で、オリジナル曲や、洋楽のヒット曲など5曲を軽快に演奏。バンドリーダーで赤江小学校6年の大和美月さん(11)は「普段よりうまく演奏できた。アンコールをもらってうれしかった」と笑みを見せた。

 また、立正大淞南高校マーチングバンド部の33人は、息のあった演奏と大きな旗を使った躍動感あふれる演技を披露し、会場を沸かせた。

2017年5月23日 無断転載禁止