色・形さまざま サツキ盆栽25点 浜田で展示会

準備を進める日本さつき盆栽協会島根石州支部の会員ら
 27、28の両日に浜田市内の盆栽愛好家でつくる日本さつき盆栽協会島根石州支部(掛本清巳支部長、10人)のサツキの盆栽展が、同市国分町の国府公民館で開幕する。26日は会員が準備作業にあたり、鮮やかなサツキ盆栽を並べた。

 サツキの盆栽展は同支部が毎年開催し、39回目。今年は枝の広がりや花の見える方向に注意しながら育てた高さ20~70センチの盆栽、計25点を展示する。

 会場では、会員らが赤と白の小ぶりな花を付ける「日の丸」や、丸みを帯びた桃色の花びらが特徴的な「香月」といった多品種のサツキ盆栽を慎重な手つきで並べ、準備を整えた。

 掛本支部長(63)は「会員たちが丹精込めて仕上げた作品ばかり。足を運んでさまざまな花を楽しんでほしい」と話した。

 入場無料。27日が午前9時~午後5時、28日は午後4時まで開く。

2017年5月27日 無断転載禁止