錦織 マリーと同ゾーン 第8シード

 【パリ=本紙特派員・藤井俊行】テニスの四大大会第2戦、全仏オープン(28日開幕・パリ)で男子シングルス世界ランキング9位の錦織圭(日清食品、松江市出身)は第8シードとなり、1回戦でランク外のタナシ・コッキナキス(オーストラリア)と対戦することが26日に決まった。

 順当にいけば、錦織は3回戦で第27シードのサム・クエリー(米国)、4回戦で第9シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、準々決勝で第1シードのアンディ・マリー(英国)と対戦。第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)や第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)とは決勝まで当たらない山に入った。

2017年5月27日 無断転載禁止