浜田で木の枝使い昆虫模型 親子連れ自由な発想で作る

木の枝や折り紙を使い工作する親子連れ
 浜田市野原町の市世界こども美術館で28日、木の枝などを使って昆虫の模型を作るイベントがあり、親子連れらが、自由な発想で創作を楽しんだ。

 同美術館が主催。サクラの枝のほか、丸や四角の木片を選び、20センチ四方の段ボールに接着剤で貼り付けたり、色鮮やかな折り紙を羽の形などに切り取り、飾り付けたりした。昆虫はチョウや、架空のものなどさまざまで、一緒に記念撮影するなどして楽しんだ。

 広島県東広島市から来場し、父親に手伝ってもらいながらチョウを作った森山葵子ちゃん(4)は「切ったり貼ったりして楽しかった」と笑顔で話した。

2017年5月29日 無断転載禁止