松江シティ5ゴール快勝 中国サッカーリーグ

【第5節・松江シティFC-環太平洋FC】前半14分、FWの西村光司がゴールを決め、先制する=岡山県赤磐市、環太平洋大赤坂グラウンド
 第45回中国サッカーリーグは28日、岡山県赤磐市の環太平洋大赤坂グラウンドなどで第5節5試合が行われ、松江シティFCが環太平洋FC(岡山)を5-1で下し、4勝1敗の勝ち点12で4位から3位に上げた。FW金村賢志郎が2戦連続3度目のハットトリックを達成した。

 デッツォーラ島根はSRC広島に1-2で敗れ、2勝1分け2敗の勝ち点7で5位のまま。9位の米子元気SCは三菱水島FC(岡山)に0-10で敗れ、1分け4敗の勝ち点1で9位は変わらなかった。5連勝で三菱水島とSRC広島が並び、得失点差で三菱水島が首位に立った。

 第6節は6月4日で、松江シティは松江市営陸上競技場で三菱水島と、デッツォーラは敵地で最下位パナソニック岡山、米子元気は夕陽の丘神田(鳥取県大山町)で6位の廿日市FC(広島)とそれぞれ当たる。


 ▽第5節(28日・環太平洋大赤坂グラウンド)

松江シテ 52-01 環太平洋
ィFC   3-1  FC(岡山)

▽得点者【松】西村光司2(8)金村賢志郎3(12)【環】夏富悠仁(1)


松江シティFC 攻守機能で自信取り戻す

 【評】松江シティは金村、西村のFW2人の計5ゴールで快勝した。

 立ち上がりは相手のボール保持が続いたが、前半14分に西村がDF砂川からゴール前でパスを受け、右足で蹴り込み先制するとペースをつかんだ。同23分には金村のゴールで加点。後半9、19分には金村が、いずれもクロスに頭で合わせて突き放した。

 守備陣は後半44分にハンドで与えたPKが唯一の失点。安定感があり、シュート5本に抑えた。

2017年5月29日 無断転載禁止

  • 47クラブ