カキツバタ見頃 大田・姫逃池 彩る群生

鮮やかな色で姫逃池を彩るカキツバタ=大田市三瓶町
 島根県大田市三瓶町の国立公園・三瓶山北の原にある姫逃池(ひめのがいけ)で、カキツバタが色鮮やかに咲き、観光客らの目を楽しませている。

 「姫逃池のカキツバタ群落」として島根県の天然記念物に指定されており、今年も平年並みの5月上旬に咲き始めた。既に見頃のピークを迎え、紫色と白色の約2千本の花が咲いている。6月上旬まで見られるという。

 晴天に恵まれた29日は、市内外から訪れた女性グループや家族連れ、登山者らが池の周囲を散策し、緑に映える花を観賞した。

 広島市の主婦上村恭子さん(72)は「すてきな色で、三瓶山や池周辺の風景に合う。鳥の声を聞きながら見ていると、心が洗われるようだ」と話した。

2017年5月30日 無断転載禁止