産業創出に動く金融機関

 厳しい経済情勢が続き、景気回復の実感が乏しい山陰両県。停滞感を打破するには、新しい産業を興し、地域経済を活性化することが不可欠だ。現状への危機感を背景に、地域と運命共同体である地場の金融機関が資金やノウハウを投入し、地域発の産業創出に向けて動き出している。取り組みを追った。(5月30日付)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年5月30日 無断転載禁止