女子ログ おいしいコーヒー

 コーヒーが苦手だった。自分で好んで飲むことはなく、人に出される時に飲む程度だったが、渋々飲んでいた。

 理由は苦さではない。飲むとおなかを下したり、胃が痛くなったり、気持ちが悪くなったりするからだ。なので、体質的に合わないのだと思っていた。

 しかしそのうちに、おなかが痛くならないコーヒーがあることに気が付いた。そして、私はインスタントと缶コーヒーが苦手だと気が付いた。確かに、どんなコーヒーでも飲みすぎると胃が痛くなるが、豆を挽いていれたコーヒーは痛くなる確率が低いことが分かってきた。

 それを知った友人が、コーヒーのワークショップに誘ってくれた。いろいろな豆の飲み比べや、いれ方を丁寧に教えてもらった。最初はこんな初心者に味の違いが分かるのか?と半信半疑だったが、味や香りの違いは十分に理解できた。

 その中で一番心に残ったのは「水出しコーヒー」だ。コーヒーを自分でいれることも初心者で、アイスコーヒーを飲みたいとさえ思ったことがなかった私だが、それを飲んだ瞬間に「おいしい!」と笑顔になった。

 家に帰って早速、「水出し」にチャレンジしてみたが、まだまだ研究が必要だ。今年の夏は、おいしいアイスコーヒーを作れるようになろうと思う。

 (島根県奥出雲町・かちゃぼ)

2017年5月31日 無断転載禁止