子ども囲碁名人戦 盤上で33人熱戦

 第2回中海・宍道湖・大山圏域子ども囲碁名人戦が4日、境港市大正町のしおさい会館であり、中学生以下の子どもたち33人が盤上で熱戦を繰り広げた。名人の部では、檜山湊太君(10)=境港市立上道小学校5年=が優勝し、2代目名人に輝いた。

 子どもたちの棋力向上と交流を目的に、日本棋院境港支部と山陰中央新報社が主催し、2016年から始めた。有段者による名人の部、1~7級のA級、8~14級のB級、15~20級のC級の4部門に、山陰両県の33人が出場した。

2017年6月5日 無断転載禁止