松江市長 青森の使用済み核燃料再処理工場を視察

 松江市の松浦正敬市長は5日、青森県六ケ所村にある日本原燃の使用済み核燃料再処理工場を視察した。工場は、廃炉が決まった中国電力島根原発1号機(松江市鹿島町片句)内に残る同燃料の搬出先で、松浦市長は「再処理技術が確立している点で安心した」と述べ、中電から求められた1号機の廃止措置計画の最終的な事前了解に前向きな考えを示した。

2017年6月6日 無断転載禁止