女子ログ インスタの私

 人からどう見られているかが非常に気になる。それは、写真に特化したSNS「インスタグラム」に表れる。

 好きな器や、料理、年に数回飾る花…。日常をかなりピンポイントに切り取って、理想の私生活を投稿する。

 よく見れば質素なおかずを器の柄が見えるように盛り付け、お皿や小鉢をバランスよくレイアウト。和室に住んでいることがばれたくないがために、床が入らないよう、カメラアングルは徹底する。これでよし。この私のアカウントは、器好き、食材にこだわって料理をし、丁寧に暮らす女性を演出。しかし、器の載った机の向こう側はタンスに入れてもらうのを待つ洗濯物たち。

 インスタグラムは1人でアカウントを複数持つことができる。もう一つは苦手な読書を克服するために始めた読書記録のアカウント。こちらは、ゆったり暮らす女性とは180度異なり、そこには小説、エッセーなど一切ない。ほとんどがビジネス書をはじめとしたハウツー本。仕事ばかりな人間に見られたくないので、誰にも内緒で更新し続け、約1年半。ずらりと並ぶ投稿写真は、どこかのバリバリ業界人風。わずかながらフォロワーもおり、らしく見える本をつい選ぶ。

 アルバムを作るために始めたインスタグラム。気が付けば、なかなか実現できない理想をかなえるために被写体を選んでいた。(松江市・bいいね!)

2017年6月6日 無断転載禁止