高齢者6人に1人虐待被害 WHO、28カ国・地域調査

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は14日、世界28カ国・地域の調査で60歳以上の高齢者の6人に1人が何らかの虐待被害を経験しているとの研究結果を発表した。精神的な虐待が深刻と訴え、各国に介護従事者の研修や、電話相談などの対策強化を求めた。

 WHOは「高齢者への虐待は世界的に増加している」と指摘。この状況が続けば、高齢者が20億人に達する2050年には3億2千万人が虐待被害者になるとした。

 WHOによると、研究は米国、ドイツ、中国、インド、韓国など世界28カ国・地域で行われた調査を基にした。

共同通信社 2017年6月15日 無断転載禁止