(6月4日~10日)島根

参道を勢いよく駆け上がる神馬と男衆=島根県隠岐の島町下西
◆隠岐の島・玉若酢命神社で御霊会風流
 隠岐島後の三大祭りの一つ、玉若酢命神社(億岐史人宮司)の「御霊会風流(ごれえふりゅう)」(県指定無形民俗文化財)が5日、隠岐の島町下西の同神社であった。見どころの「馬入れ神事」では、8頭の馬が男衆と共に参道を駆け上がり、大勢の参拝者や観光客らが見守った。

 ◆江津署東隣の公有地が有力、市庁舎移転で市長
 江津市役所(江津市江津町)の本庁舎整備方針について、山下修市長は5日夜に同市跡市町内で開かれた1回目の住民説明会で、移転新築する場合は、モダニズム建築として評価される現庁舎の活用を検討する考えを示した。新庁舎の移転候補地は、有力とした近くのシビックセンターゾーン内2カ所のうち、現時点で江津署東隣(約9300平方メートル)の公有地が第1候補と説明した。

 ◆石見銀山観光で無料EV走らせる実証試験
 大田市は5日、歩行が困難な障害者に世界遺産・石見銀山遺跡の観光を楽しんでもらおうと、観光客用の駐車場がある大田市大森町の石見銀山公園から主要スポットの同町の公開坑道・龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)までの往復4・6キロで、無料の電気自動車(EV)を走らせる実証試験を始めると発表した。

 ◆出演者逮捕受け「たたら侍」上映終了。一部劇場で再開へ
 出雲市出身の映画監督・錦織良成さん(55)が撮影した映画「たたら侍」の製作委員会が、出演者の俳優橋爪遼容疑者(30)が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたのを受け、5日夜、上映を終了すると発表した。製作委員会は上映が終了した9日、再編集して一部劇場で上映を再開する予定であることを作品の公式ウェブサイトで発表した。上映再開時には、購入済みの前売り券が使用できる見通し。

 ◆国保料13市町村で増額、運営移管で県が試算
 県は8日、自営業や無職の人らが加入する国民健康保険(国保)の運営主体が2018年度に市町村から県に移管されることを踏まえた、1人当たりの年間保険料の試算を示した。加入者の所得や医療費の水準が高い市町村ほど増額になる傾向があり、自営業の割合が比較的多い隠岐郡4町村など、13市町村で負担増の見通しとした。

 ◆C2滑走路事故受け、松江市が緊急連絡体制の構築要望
 航空自衛隊美保基地(境港市小篠津町)のC2輸送機が米子空港(同市佐斐神町)の滑走路を外れた事故を受け、松江市は10日、事故発生などの際の緊急連絡体制の構築を基地側に要望した。市の担当者が報道で一報を知ったことを問題視したためで、基地側も協議に応じる意向を示した。同日に行われた基地や防衛省中国四国防衛局との意見交換会で求めた。

2017年6月13日 無断転載禁止