松江であご野焼き作り 旬のあご 香ばしく

炭火で「あご野焼き」を焼き上げる青山昭社長(右)ら=松江市中原町、青山商店
 松江市内の老舗かまぼこ店で、旬のトビウオ(アゴ)を材料にした「あご野焼き」作りが最盛期を迎えている。炭火の上で一本一本、焼き色を見ながら手をかけ、風味豊かに焼き上げられる。

 290年続く同市中原町の青山商店(青山昭社長)は、島根半島沖で取れたトビウオをすり身にし、地伝酒や塩を加えて練るなど昔ながらの製法で作る。

 アルミの棒に、すり身を長さ約40センチになるように巻き付け、炭火の上で回しながら焼く。中まで火を通し、仕上がりを美しくするため、太い針が付いた「つき立て棒」で頻繁にたたくなど根気の要る作業。20~30分続けると、きれいな色に焼き上がる。

 地元での販売に加え、東京や大阪の百貨店に卸しており、青山社長(68)は「アゴ本来のおいしさを引き出すことにこだわっている。松江の特産として伝えていきたい」と話した。

2017年6月21日 無断転載禁止