美保基地C2事故 操作ミスが原因 手順記載も不十分

 航空自衛隊美保基地(鳥取県境港市小篠津町)は20日、C2輸送機が米子空港(同市佐斐神町)の滑走路を外れた事故について、操作手順を誤ったのが原因で、操作手順書の記載が不十分だったのも一因とする調査結果を明らかにした。操作手順書を見直し、教育の徹底を図る方針も示した。

 北村靖二司令らが鳥取、島根両県と境港、米子、安来3市を訪ね、報告した。

2017年6月21日 無断転載禁止