水田に漬かり児童が草取り 美郷・邑智小米作り学習

水田で草取りをする児童
 美郷町粕渕の邑智小学校の5年生30人が20日、同町高畑の水田で草取り作業に励み、除草剤に頼らない米作りへの理解を深めた。

 同校では5年生が毎年、「みさと有機農業推進協議会」の協力を得て、米作りの体験学習に取り組んでいる。今年も同協議会の会員が所有する水田を利用し、5月下旬に田植えをした。

 この日は、児童たちが、もち米を作っている1アールの水田と、コシヒカリを栽培している3アールの水田に分かれて作業。膝下まで漬かって稲株の間の泥に手を入れ、引っかくようにして雑草を取った。歯車が付いた手押し田車を使い、除草に挑戦する児童もいた。

 秋に稲刈りをして、保護者らと一緒に収穫祭も開く予定。森下優斗君(10)は「草取りは楽しかった。おいしい米ができてほしい」と話した。

2017年6月21日 無断転載禁止