女子ログ 「acclaim」を伝える

 先日、境港市・コフィーさんの女子ログに、うんうんとうなずいてしまいました。接客業で高圧的な態度や自分勝手なお客に遭遇するとのこと。昔コンビニなどでアルバイトをしていて似た経験があったからです。相手は「お客サマ」であるがゆえ、理不尽な要求にはひきつった笑顔でやり過ごしました。

 一方で、反対の経験もあります。年配の女性から「あなたの接客ってとってもすてき!」と帰り際に、箸袋で作った折り紙の花を渡されたのです。特別待遇をしたわけではないのに、びっくりしました。でも、忙しくも笑顔で動き回る私の何げない応対が気に入っていただけたのだと思うと、その日はお褒めの言葉を思い出しながら幸せに過ごせました。

 サービス業用語である「クレーム」は英語で「claim」と書き、「当然のこととして請求・主張する」の意味。よく似た単語に「acclaim」があり、意味は「称賛する、認める」です。女性からの言葉は、このacclaimに当たると思います。

 レジなどで客がお金を払い、無言で立ち去る光景が当たり前に見られる日本ですが、おいしい料理やテキパキとした接客など受けたサービスに満足したら、私はできるだけ店の人に直接「ありがとう」とか「こんなところが良かった」という言葉を伝えていきたいと思います。

 (浜田市・Faultier)

2017年6月23日 無断転載禁止