美郷の別府ほたる祭り 屋台や舞台にぎわう

 島根県美郷町別府地域の恒例イベント「別府ほたる祭り」がこのほど、同町別府の別府公民館前広場などで開かれた。屋台村や神楽上演などの催しがあり、大勢の来場者でにぎわった。

 田植えが無事に終わったことを祝う「泥落とし」のイベントで、同地域連合自治会が主催。今年で10回目を迎えた。

 広場には、地域住民や地元業者による屋台村がお目見え。ドジョウのから揚げやヤマメの塩焼きなどが販売され、来場者が次々と買い求めた。

 同町や県東部在住の女性5人が華やかな衣装でフラダンスを披露した=写真=ほか、忍原地頭所神楽団が演目「土蜘蛛(つちぐも)」を熱演した。風船を使ったバルーンアートショーもあり、出来上がった花や動物の作品をもらった子どもたちは大喜びしていた。近くの川でホタルの観賞ツアーもあった。

 バルーンアートショーで、ピエロ役と一緒に作品を作った保育園児の沖田七音(なお)ちゃん(5)は「楽しかった」と笑顔で話した。

2017年6月23日 無断転載禁止