植田正治さんの作画ノート 境港の生家で見つかる

 鳥取県境港市出身の世界的写真家、植田正治さん(1913~2000年)が、1947~51年ごろに作品の構想などを書き留めたノートが見つかった。代表作「パパとママとコドモたち」をはじめ、鳥取砂丘(鳥取市)で撮った作品の構図をイメージしていたほか、タイトルを試行錯誤した跡もうかがえる。植田正治写真美術館(鳥取県伯耆町須村)で開催中の企画展に合わせ、初展示している。

2017年6月24日 無断転載禁止