自慢のウチョウラン 愛好グループが展開、江津

ウチョウランの鉢植えを展示する吉岡二郎会長
 初夏に見頃を迎えるウチョウランを集めた展示会が24日から2日間、島根県江津市敬川町の山陰植木鉢センターで開かれる。江津、浜田両市の愛好家でつくるウチョウラン同好会が企画。23日は、会員7人が設置作業に当たり、白や紫のかれんな花を付けた鉢植え約100点を並べた。

 同好会のメンバーが、丹精込めて育てた作品を多くの人に見てもらう機会をつくろうと開催。会場には、小ぶりな花が愛らしいウチョウランの鉢植えが並び、季節感を演出している。山アジサイや山野草など約150点も出展し、販売も受け付ける。

 同好会の吉岡二郎会長(85)=江津市桜江町川戸=は「小さい花だが、色合いが素晴らしい。花びらの形もさまざまで魅力的。見に来て興味を持ってもらいたい」と話した。入場無料。

2017年6月24日 無断転載禁止