米子で鈴木長官招きシンポ 地域振興へ五輪生かせ

 ソウル五輪男子水泳100メートル背泳ぎ金メダリストの鈴木大地スポーツ庁長官を招いたとっとりスポーツシンポジウムが24日、鳥取県米子市末広町の米子コンベンションセンターであった。平井伸治鳥取県知事と、米子市出身でシドニー五輪男子トライアスロン日本代表の小原工さん(50)が加わっての座談会を通じ、中海や大山周辺の地域資源を生かしたスポーツによる活性化について、論議を深めた。

2017年6月25日 無断転載禁止