(6月18日~24日)島根

 ◆中国高校ホッケー、横田男女優勝
 ホッケーの南東北総体(インターハイ)予選を兼ねた第38回中国高校選手権の最終日は18日、山口県岩国市の玖珂総合公園人工芝グラウンドで行われ、横田が男女優勝を果たした。男子は27年連続33度目、女子は2年ぶり29度目の栄冠。トーナメント戦の女子決勝で、横田は西京(山口)に3-0で快勝。リーグ戦の男子は残り3試合が行われ、ともに3勝で迎えた横田と八頭が最終戦で対戦し1-1で引き分け、得失点差で横田の優勝となった。

 ◆パラオ跡地、丸三が購入
 出雲市今市町の商業施設旧「パラオ」の跡地の一部を、娯楽施設や飲食店を展開する丸三(出雲市渡橋町、白神文樹会長)が19日、購入した。市中心部に位置しながら2月に更地となり、跡地利用が焦点となっている。同社は利用方法を検討中としている。

 ◆荒神谷遺跡にコケ
 弥生時代の青銅器380点が出土した国指定史跡の荒神谷遺跡(出雲市斐川町神庭)は、コケが生えるなど劣化が進み、管理する出雲市が文化庁から改善を求められていたことが21日、分かった。同遺跡は現地に青銅器のレプリカを置いて出土状況を再現している。市は雨量や風向の環境測定を進めており、専門家らで設けた検討委員会で展示の在り方を協議し、2018年度に対策に着手する。

 ◆浜田市住宅街でクマ
 21日午前8時15分ごろ、浜田市殿町の妙智寺にクマがいるのを、近くを歩いていた同市浅井町の会社員女性(22)が発見した。女性は逃げて無事だった。クマは寺の裏手にある鏡山の山林に逃げ、浜田署と市が注意を呼び掛けている。現場は浜田市中心部で、市役所から北に約500メートルの住宅街。

 ◆捜査書類に虚偽記載の疑い
松江市が堀川遊覧船の新たな乗船場設置を検討している塩見縄手周辺の護岸=松江市北堀町
 県警は23日、盗難自転車の捜査書類にうその内容を記載したとして、虚偽有印公文書作成と同行使の容疑で、いずれも松江署に勤務し、地域官だった警視(47)と、当時副署長だった警視(53)、警部補(34)の3人を書類送検し、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。警視2人は警部に自主降格し、警部補は23日付で依願退職した。書類送検容疑は2016年6月22日、松江市内の警察官舎駐輪場で発見された盗難自転車を調べた際、警察官が犯人であると疑われないよう、3人で共謀。発見場所を駐輪場から50メートル離れた路上と虚偽記載した疑い。

 ◆堀川遊覧船乗船場新設へ
 松江市は21日、松江城周辺を巡る堀川遊覧船で、2018年秋までに塩見縄手沿いに乗船場の新設を検討していることを明らかにした。乗船場は4カ所目で、小泉八雲旧居前付近を想定。塩見縄手は松江城近くにあり、武家屋敷や松並木など城下町の情緒を楽しめる観光エリアだが、入り込み客数が伸び悩み、乗船場の新設で集客増の起爆剤につなげたい考えだ。

2017年6月26日 無断転載禁止