柔道・海老沼が73キロ級に 階級変更、東京五輪狙う

 海老沼匡

 柔道男子66キロ級で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(27)が1階級上の73キロ級に変更し、20年東京五輪を目指すことが6日、関係者の話で分かった。リオ五輪後初の個人戦となる8月の全日本実業個人選手権は73キロ級で出場する。

 14年に世界選手権3連覇を遂げた海老沼はリオ五輪後から実戦を離れ、6月の全日本実業団体対抗大会で復帰。数年前から体重は75キロ前後で減量が大きな課題だった。同大会後には「既に73キロ級の筋肉量があり、66キロ級では今後は厳しくなる」と話していた。

共同通信社 2017年7月6日 無断転載禁止