益田で「二千年ハス」見頃 大輪 古代の息吹

ピンク色の花を咲かせた「二千年ハス」
 益田市久城町にある国指定史跡・スクモ塚古墳の池で、古代ハス「二千年ハス」がピンク色の大輪の花を咲かせている。昨年より1週間程度早く、梅雨空に彩りを添えている。

 地元のNPO法人「久城伝承文化顕彰会」が2001年春、出雲市斐川町神庭の荒神谷史跡公園から譲り受けた大賀ハスの株を育て、今では池を埋め尽くすまでになった。

 数日前から花芽が伸び、数輪が見事に開花。地元住民によると、8月初めまで楽しめそうという。 

2017年7月14日 無断転載禁止