「諦めず白球を追う」邇摩・影山主将が宣誓 夏の高校野球島根大会

開会式で力強く選手宣誓する邇摩の影山力也主将=県立浜山球場
 「最後まで諦めることなく、白球を全力で追い続ける」。開会式で出場39校を代表し、邇摩の影山力也主将が堂々と選手宣誓。今月、九州や島根県西部などを襲った豪雨の被災地に思いをはせ、「野球ができるありがたさをかみしめたい」と力を込めた。

 宣誓文は石崎敏彦監督らにも相談して練り上げ、部員の前でも練習。炎天下、バックネット裏やスタンドを埋めた観客の前でも落ち着いた、力強い宣誓で大役を果たし「90点」と笑顔を見せた。

2017年7月16日 無断転載禁止