浜田高生歌やダンス通過駅で披露 瑞風へ“歓迎”伝われ!

吹奏楽部の演奏に合わせ、歌と踊りで「瑞風」を歓迎する生徒たち
 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が浜田駅(浜田市浅井町)を通過するのに合わせ、浜田高校(同市黒川町)の吹奏楽部と合唱部の部員が17日、同駅のホームで歌や演奏、ダンスを披露して乗客を歓迎した。書道部員も、制作した横断幕を掲げた。

 高校時代の思い出にしようと、3部が協力して実施。音が聞こえなくてもダンスで歓迎の気持ちを伝えたいと考え、歌手の星野源さんのヒット曲「恋」と「恋ダンス」の披露を企画した。書道部員は「石見神楽のまちへよーきんさった」と方言を交えて記した緑色の横断幕を用意した。

 汽笛を鳴らして瑞風が姿を現すと、軽快に演奏を始めた。停車に合わせて歌のサビの部分が流れ、食堂車の乗客が手を振って歓迎に応えた。

 吹奏楽部の佐々木結香部長(17)=2年=は「貴重な経験ができて良かった」と満足そう。合唱部の大屋隼人部長(16)=同=は「緊張したが、終わってほっとした。車窓を通して思いが伝わった」と話した。

2017年7月19日 無断転載禁止