女子ログ お姫様女子

 2歳の娘に「お姫様ブーム」がやってきた。アンパンマン命!だったのに、ある日突然、お店で見つけたお姫様グッズを指さして「プリンセス!」と叫んだ。それ以来、シンデレラや白雪姫などの絵本にうっとり見入っている。

 でも私は、娘がお姫様にハマるのに抵抗があった。それは、海外から帰国した4年前、久々の日本を見て、こう思ったからだ。「日本の女子ってお姫様みたい!」。フェミニンな服装に、入念に施されたメーク。ネイルの先にはお花まで咲いている。かわいい。だけど、どこか頼りない。強さや賢さは、どこかへ行ってしまったのかしら? 自分の子どもにはこんな「お姫様女子」にはなってほしくないな、と思った。

 ところが先日、娘と一緒にディズニーアニメの「シンデレラ」を見ていて気づいた。ディズニー版のお姫様は結構気が強いのだ。雑用を押し付けてくる義母に露骨にうんざりし、義理の姉妹たちには「この使えない人たち…」とあきれた目線を投げ掛けている。

 虐げられてかわいそうなシンデレラ、というのは日本版の解釈であって、ディズニー版はたくましい女性のサクセスストーリーだったのかも。もしも娘が「将来お姫様になりたい」と言い出したらこう答えようと思う。「なら、ディズニー版のお姫様女子になってね」

 (雲南市出身、香川県丸亀市在住・ゆかりんご)

2017年7月21日 無断転載禁止