ポップサーカス来場者3万人達成 雲南の園児 道化師が祝福

3万人目の来場者になり、祝福される山田輝人ちゃん(前列左)=松江市学園南1丁目、旧島根県立プール跡地特設大テント
 ポップサーカス松江公演(山陰中央新報社、山陰中央テレビ主催)の来場者が3万人を達成し24日、節目の来場者となった島根県雲南市木次町木次の保育園児、山田輝人ちゃん(4)に記念品が贈られた。

 輝人ちゃんは、小学生の兄煌太君(7)の夏休みに合わせ、祖父純義さん(67)、祖母恒子さん(63)と来場。会場の旧島根県立プール跡地特設大テント(松江市学園南1丁目)の入場ゲートをくぐると、クラウン(道化師)に祝福され、指定席券と記念品を受け取った。「うれしい。空中ブランコを楽しみたい」と笑顔で話した。

 ポップサーカスによると、約10万人が訪れた2011年の公演を上回るペースで、この日も夏休み期間中の子どもたちや家族が開演前から行列をつくった。

 公演は8月27日まで(毎週木曜日は休演)。前売り券(自由席)は大人2500円、子ども(3歳~中学生)1200円で、当日券は各300円増し。問い合わせは松江公演事務局、電話0852(61)9100。

2017年7月25日 無断転載禁止