愛媛・東温市の観光スポットPR キャラバンが来社

愛媛県東温市をPRする加藤章市長(左から2番目)らキャラバン隊員と松尾倫男社長(右)
 愛媛県東温市の観光PRキャラバン隊が2日、松江市殿町の山陰中央新報社を訪れ、温泉施設や常設ミュージカル劇場「坊っちゃん劇場」といった観光スポットを紹介し、東温での観光を呼び掛けた。

 キャラバン隊は加藤章市長や市観光物産協会の越智俊充会長ら10人。中国横断自動車道尾道松江線の全線開通により、アクセスが便利になった島根からの観光客誘致を目指して訪れた。同市イメージキャラクター・いのとんも参加した。

 一行は、山陰中央新報社の松尾倫男社長ら3人に、市指定名勝の「白猪の滝」や四国一の泉質といわれる温泉「さくらの湯」などをPR。瀬戸内の歴史や文化をテーマにした自主制作作品を年間通して上演する「坊っちゃん劇場」では、正岡子規・夏目漱石生誕150年記念ミュージカルが上演中だと説明した。

 加藤市長は「東温市は自然豊かで、温泉も劇場もある。島根県からたくさんの人に訪れてもらいたい」と話した。

2017年8月2日 無断転載禁止