コウノトリ生息地守ろう 雲南で生態など学ぶ

 雲南の自然の魅力を学ぶ自然の楽校シリーズが5日、島根県雲南市大東町山王寺の冒険の森てんばで始まった。第1回は、同市に飛来し生息する国の特別天然記念物コウノトリがテーマで、同市や松江市から訪れた参加者25人が生態などを学んだ。

 学習会は、冒険の森てんばを運営する、NPO里山笑楽校の多久和厚代表が企画した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年8月6日 無断転載禁止