女子ログ 初めての夏

 引っ越して初めての夏。暑いけれど市街地とくらべれば暑くない。暑がりで一年中ほぼ半袖の夫は、夏になるとぐったりとしていた。でもこの夏は元気に過ごしている。

 夜になると、裏の川のほうから風が吹く。ひんやりとした風に吹かれて眠るのは、この家の夏の楽しみの一つと前住人は言っていた。ほんとうにそうで、涼しくなった夜に、ひとり海外ドラマを見るのもなんとも幸せ。

 夕方、庭にシロがいた。シロは、はす向かいの家で飼われている猟犬。頭に2本のGPSのアンテナをつけているので、仕事中のよう。「どうしたの」と聞くと、ふいっと行ってしまった。

 夜に、集落の放送があった。「昨日、今日とクマが目撃されたので、気をつけましょう」と。場所は、橋のすぐそばの家。ちょっと離れてはいるけれど、お隣。

 川の向こうの山には、クマがいるというのは、近所の猟師さんに聞いていた。でも、クマは橋を渡らないとも聞いて勝手に安心していた。でも渡ったらしい。シロはパトロールしてたのね。それって、うちの庭に気配があるってこと?

 涼しい風が吹くなか、シロの鳴き声が聞こえる。もともとシロはよく鳴くけれど。夫は2階で寝ている。しばらく夜中ひとり、次々と人が殺されていくドラマを見るのはやめようかな。

(鳥取県八頭町・桃子)

2017年8月8日 無断転載禁止