レッツ連歌(下房桃菴)・8月10日付

(挿絵・Azu)

乗せられた無料お試しキャンペーン

ダダ漏れしてる個人情報    (益田)可部 章二

敬老の日のかたたたきけん   (浜田)松井 鏡子

島根県民限定につい      (松江)持田 高行

ただ巻くだけで五センチ引っこむ(松江)川津  蛙

すがる思いでフリーダイヤル  (松江)今岡笑美子

こっそり覗(のぞ)く婦人警官     (出雲)平井 悦子

十日経ってもシミは消えない  (益田)竹内 良子

悩んでるより消費者センター  (益田)石田 三章

毎朝すするまずい青汁 (東京・八王子)藤江  正

デイサービスを今日はお休み  (浜田)勝田  艶

また集まったいつもの顔ぶれ  (益田)吉川 洋子

枕が化けて羽毛布団に     (松江)田中 堂太

あのCMがまだ続いてる    (松江)加茂 京子

急がなくっちゃ今日が締め切り (江津)岡本美津子

も一度妻を悦ばせたく     (江津)花田 美昭

一晩だけと預かった犬     (出雲)原  陽子

最近まぶしい隣の奥さん    (浜田)三隅  彰

三面鏡に手鏡も添え      (米子)板垣スエ子

次々下着送られてくる     (出雲)矢田カズエ

毎月届く同じオツマミ     (松江)岩田 正之

私きれいになったのかしら   (雲南)渡部 静子

次へ進んで戻れなくなる    (雲南)安部 小春

信じればこそ効くヤセ薬    (出雲)飯塚猫の子

オレオレ詐欺をやっているのに (松江)山崎 まるむ

遊び心が転落のもと      (出雲)吾郷 寿海

妻に内緒でローン契約     (松江)庄司  豊

迷惑メールでごみ箱満杯 (兵庫・明石)折田 小枝

小さな文字はついつい見逃し  (松江)森  笑子

ルーペで探す解約の欄  (沖縄・石垣)多胡 克己

松江在住女性Yさん      (松江)土江 ユミ

サクラも使う集団催眠     (飯南)塩田美代子

テレビの見すぎと叱られている (出雲)川上 梨花

妻の美白に亭主タジタジ    (益田)石川アキオ

孫のぬり絵になる水墨画    (雲南)錦織 博子

一回は買う義理がたい母  (出雲)はなやのおきな

メンテナンスが月に十万    (浜田)放ヒサユキ

頭を冷やす八雲風穴    (出雲)はなやのおきな

 「無料」だけを「試し」ていれば間違いはないのですが、ついつい買ってしまって後悔をする、というのはよくあること。

 もっとも、正さんの句、ふつうに「毎朝飲んでる…」だったら、初入選はおぼつかないところでした。

 「貸し犬商法」というのはほんとうにあるのだそうです。ペットショップで見つけたかわいい仔犬。でも、結構なお値段。…迷っていると店員がそっと一言。「一晩お連れになってもよろしいですよ」―。連れて帰ると、なにが元来の犬好き、抱いたり撫(な)でたりしているうちに、名前まで付けてしまう。もうぜったいに手放せません。…これは賢いやりかたですね。乗せられたほうも、悪い気のしないところが暗くない。

 小春さんの「次へ進む」は、ネット通販なんかで「次へ進む」をクリックする、という意味です。で、「カートに入れる」もクリックして、ふと思い返して「戻る」をクリックしても、なぜか画面は戻らない、ということのようです。これは明らかに詐欺!

 ユミさんの句は新聞の折り込みなんかでよく見かけるお客さま体験談、…なんて一言も言っておられませんが、そのくせ、そう分からせる、そのテクニックがすばらしい。

 なお、ほんとうなら恥ずかしくて口にできないような作品も、今回は一句だけ採らせていただきました。

 次の前句は、

  なかなか来ない祭りの行列

 だいたいが、そういうものです。

 これには長句(五七五)を付けてください。

(島根大学名誉教授)

2017年8月10日 無断転載禁止

こども新聞