出川、アニメ主役の声逃す 「レゴ ニンジャゴー」

 イベントに登場した出川哲朗(右)と声優の松井恵理子=15日、東京都内

 タレントの出川哲朗が、東京都内で行われたアニメ映画「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」(9月30日公開)のアフレコイベントに登場。日本語吹き替え版でどのキャラクターの声を担当するかを決める“公開オーディション”だったが、出川はキャラクター名を間違えるミスをして、希望した主役の座を逃した。

 同作はレゴ社オリジナルのファンタジー作品の劇場版で、ニンジャゴーシティを悪の手から守るため、ニンジャたちが勇敢に戦う。

 主人公・ロイドの声は、声優の松井恵理子に仮に決まっていたが、“オーディション”とあって「やるからには主役を」と出川も挑戦。「実はデビューは役者なので、芝居は任せてください」と、ウオーミングアップの早口言葉の失敗も意に介さず本番へ。

 感情を込めたアフレコを聞かせた出川だったが、決まったのは「水辺の兵士3」「サメ将軍1」など三つの脇役だった。

 実は、ロイドの声のアフレコの時、悪の帝王の「ガーマドン」を「ガードマン」と間違えて読み、ディレクターから「それは許せない」と“落選”になった。

 結局、ロイド役はそのまま松井に決まり、落胆した出川だったが、「サメ将軍の出番を増やしてもらいたいですね」と最後は前向きだった。

共同通信社 2017年8月15日 無断転載禁止