最年少プロ藤井四段が初戦突破 将棋の王位戦予選

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は15日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の王位戦予選で小林健二・九段(60)を破り、同棋戦の初戦を突破した。公式戦の通算成績は36勝3敗。

 次回の対局は22日、朝日杯オープン戦1次予選で大石直嗣六段(27)と対戦する。

共同通信社 2017年8月15日 無断転載禁止