輝(き)らりキッズ 砲丸投げ 努力実り 中学山陰新

7月に15メートル97 10月のJr五輪 大会新目指す

長岡(ながおか)雅飛(まさと)さん(益田東中3年)

 中学校から砲丸(ほうがん)投げに打ち込(こ)み、今年、中学山陰(さんいん)記録を更新(こうしん)した選手が益田(ますだ)市内にいます。益田東中3年、長岡雅飛(ながおかまさと)さん(14)=益田市土井(どい)町=です。7月16日に松江(まつえ)市であった第72回国体陸上島根県予選で、中学山陰新となる15メートル97をマークしました。もっと上を目指したいと、練習に励(はげ)んでいます。

  ☆ ★ ☆

渾身(こんしん)の力を込め、鉄球を投げる長岡雅飛さん=益田市乙吉町、益田陸上競技場
 益田小学校時代は4年生から相撲(すもう)にのめり込み、6年生の時に市小学生相撲大会で優勝(ゆうしょう)しました。父の晃(あきら)さん(41)は「小さいころから、チャレンジしようとする気持ちのある子でした」と振(ふ)り返ります。

 相撲で鍛(きた)えた腕(うで)っ節(ぷし)の強さを生かせる競技(きょうぎ)をやりたいと感じ、選んだ砲丸投げ。長岡さんは「努力している人は記録が伸(の)びる、というところに魅力(みりゅく)がある」と話します。

 身長175センチ、体重89キロ。月曜から土曜まで、益田東中や益田陸上競技場で投(とう)てきの練習を積み、3年生になってから記録はぐんぐん向上。4月の益田陸上で14メートル23、6月の県中学通信陸上で15メートル10、そして7月の15メートル97と、着実にステップアップしています。

  ☆ ★ ☆

ベンチプレスで体を鍛える長岡雅飛さん=益田市駅前町、太陽フィットネスクラブ石見
 飛躍(ひやく)を支(ささ)えるのが、小学生のときから通う市内の「太陽フィットネスクラブ石見(いわみ)」。ジムのベンチプレスで100キロを持ち上げます。

 同クラブのインストラクター、柴田亜希子(しばたあきこ)さん(45)は「長岡さんは上半身ばかり鍛えていたので、今年に入って、スクワットを中心にふくらはぎなど下半身の強化を勧(すす)めた。取り組んでくれたことが結果につながっている」と目を細めます。

 父の晃さんも、大会の時は仕事を休んで付き添(そ)い、鉄球を投げる長岡さんの様子をビデオカメラで撮影(さつえい)し、サポートしています。

  ☆ ★ ☆

 長岡さんは「砲丸を投げる全体の動きのうちどこかが1ミリでもずれたら記録は伸びない」と話し、ビデオを入念(にゅうねん)に見て、イメージトレーニングを行っています。メンタル面の強化にも力を入れており、「自分が一番だ、と思って試合に出ている」と話します。

 次の大舞台(おおぶたい)は、8月19日から4日間、熊本(くまもと)県である全日本中学校陸上競技選手権(けん)大会です。

 「全国中学大会で優勝したい。ただ、ここは通過点(つうかてん)。その後も練習を頑張(がんば)って、10月に横浜(よこはま)であるジュニアオリンピックに出場し、大会新を目指したい」と先を見据(みす)えています。(中山竜一(なかやまりゅういち))

 <プロフィル>

【好きな食べ物】 鶏(とり)のむね肉

【好きな芸能人】 Mr(ミスター).Children(チルドレン)

【好きな教科】  体育、技術

【好きな色】   虹(にじ)色

【趣味(しゅみ)】筋(きん)トレ

2017年8月16日 無断転載禁止

こども新聞