ピュアな心うらやましい 舞台「赤毛のアン」で美山

 アン・シャーリーのいでたちで記者会見する美山加恋=16日、東京都内

 全国8都市公演のミュージカル「赤毛のアン」で主人公アン・シャーリー役に初挑戦の女優・美山加恋が東京都内で記者会見し、アンへの思いを語った。

 美山は「天真らんまんなアンが、人と接して大人になっていく物語。(感情の)起伏が激しいので、それに合わせていくのが結構大変」と言ったが、お下げ髪にそばかすという、アンのいでたちは板についていた。

 11歳で孤児院からやってきたアンだが、演じる時には「気持ち的には小学校1年生くらい」。「私が11歳の時は、もうこの世界(芸能界)でたくさんの大人と接し、無邪気に『あそこの木がきれい』とか言っていなかった。ピュアな心でいられるアンがうらやましい」と話した。

 この日は、札幌や仙台などでの公演を経て東京に登場。全国公演で、各地の名物を堪能したいという。「20歳でお酒も飲めるようになったので、飲み過ぎない程度に楽しみたいです」

 公演は24日まで。

共同通信社 2017年8月16日 無断転載禁止