松山千春さん、機内で歌唱 出発遅れで申し出

 20日、Uターンラッシュによる保安検査場の混雑で出発が遅れた全日空機内で、代表曲「大空と大地の中で」を披露した歌手の松山千春さん=新千歳空港(乗客提供) 松山千春さん

 歌手の松山千春さん(61)が、搭乗した全日空機の出発が遅れたため、乗客のために代表曲「大空と大地の中で」を機内で歌っていたことが、全日空への取材で21日分かった。乗客は拍手喝采だったという。

 同社によると、松山さんは20日、札幌(新千歳)発大阪(伊丹)行き全日空1142便に搭乗。同機は午前11時55分に出発予定だったが、Uターンラッシュによる保安検査場の混雑で午後1時3分まで出発が遅れた。

 松山さんは午後0時50分ごろ、客室乗務員に「みんなイライラしています」と申し出て、機長の許可を得て機内放送用のマイクで同曲の冒頭を歌ったという。

共同通信社 2017年8月21日 無断転載禁止