女子ログ 台風

 うちには雨戸がない。近所にも雨戸がある家は見かけない。アニメなどで雨戸を見る機会があるが、それはサザエさんやジブリアニメだったりするので、古き良き日本の風景だなあと、実際に雨戸など見たこともないのにノスタルジーを感じていた。

 つまり私の中で過去の遺物だったわけなのだが、先日友人と台風の話題になり、そこから雨戸の話になった。なんと、都会地に住むその友人のアパートには雨戸があるらしい。山陽にある実家にも雨戸があるらしい。だが「雨戸がないと台風の日は怖い」という友人の言葉に首をかしげてしまった。

 台風の被害と言えば、強風で窓ががたがたいって眠れなかったり、庭に放置してある空っぽのプラスチック植木鉢が転がったり、せいぜい線路脇に生えている木や竹が倒れて電車が止まる程度といった印象だ。

 もちろんニュースで他の地域での甚大で痛ましい被害を目にすることはある。それでも私の住む地域で大きな台風被害があったのは、ここ数十年では記憶にある限り、1991年の台風19号くらいではないだろうか。

 中国山地が壁となり台風の風を通さない、というのも被害が少ない理由の一つらしい。思いがけず、いつも遊びにいくときに邪魔だなと思っていた山脈のありがたさや、ここ山陰の住みやすさを知った一件だった。

    (安来市・ふかみどり)

2017年8月22日 無断転載禁止