本塁打記録、NHK生中継できず 中村選手の6号、ニュース中断で

 全国高校野球選手権大会の準決勝で22日、広陵(広島)の中村奨成選手が大会記録を更新した今大会6号の本塁打を放った瞬間を、NHK(総合)が生中継できなかった。ニュースによる中断の間に新記録が生まれた。インターネット上では「タイミング悪すぎ」などの声が上がった。

 四回裏の天理(奈良)の攻撃が終わった午前11時すぎ、試合中継からニュースに切り替わった。そのニュースでは、中村選手が一回に5号本塁打を記録したことなどを取り上げ、数分後に中継に戻ったが、中村選手はすでに6号を放った後だった。

共同通信社 2017年8月22日 無断転載禁止