日本を代表する教育者 西 周(島根県津和野町生まれ)

西 周
留学(りゅうがく)で得た知識(ちしき)広める

 西周(にしあまね)は1829年2月3日、石見国津和野藩(いわみのくにつわのはん)(現在(げんざい)の島根県津和野町)で生まれました。非常(ひじょう)に勉強熱心で頭が良く、江戸幕府(えどばくふ)の15代将軍(しょうぐん)、徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の側近(そっきん)を務(つと)めたほか、明治時代には政府(せいふ)の兵部省(ひょうぶしょう)・文部省・宮内(くない)省などで官僚(かん(りょう)として勤務(きんむ)しました。海外留学(りゅうがく)で学んだ西洋の文明や学問などを持ち帰って国内教育に尽力(じんりょく)した、日本を代表する教育者です。

 周は藩主に仕(つか)えた医師(いし)・西家の長男として生まれました。幼(おさな)い頃(ころ)から勉強が好きで、41年には12歳(さい)で藩校「養老館(ようろうかん)」に入学し、オランダの学術(がくじゅつ)文化などを学びました。

西周が勉強部屋として使っていた蔵。食事の時間も惜(お)しんで勉強に熱中していたという=島根県津和野町後田、西周旧居
 周の勉強ぶりはすさまじく、歩きながらの読書に熱中するあまり片足(かたあし)にげた、片足に草履(ぞうり)を履(は)いていても気付かないほどだったそうです。普段(ふだん)は家の蔵(くら)を勉強部屋として使っており、これは国指定史跡(しせき)「西周旧居(きゅうきょ)」として今も津和野町後田(うしろだ)に残っています。

 その後、養老館の先生となった周でしたが、53年にアメリカのペリーが軍艦(ぐんかん)を率(ひき)いて浦賀(うらが)に来航し、開国を迫(せま)りました。周はその巨大(きょだい)な軍艦を目(ま)の当たりにし、海外の文明や技術(ぎじゅつ)を学ぶことが日本のために不可欠(ふかけつ)だと感じました。

 周はこれを機に、英語やオランダ語を必死に勉強しました。62年には幕府に認(みと)められ、仲間とともに3年間のオランダ留学へ出発し、経済(けいざい)学や統計(とうけい)学などレベルの高い学問を学びました。「心理学」「技術」「知識(ちしき)」などの言葉は、周が西洋哲学(てつがく)の用語を翻訳(ほんやく)し、考案したものです。

 帰国してからは東京大学の前身「開成所(かいせいじょ)」の教授(きょうじゅ)や、徳川慶喜が設立した沼津(ぬまづ)兵学校の校長などを務め、留学で得た知識を多くの人に広めました。70年には優秀(ゆうしゅう)さを買われて明治新政府勤務(きんむ)となったほか、73年には福沢諭吉(ふくざわゆきち)らと学術団体(だんたい)「明六社(めいろくしゃ)」を結成。あらゆる分野で活動し、日本の教育に貢献(こうけん)しました。

 しかし職務(しょくむ)が多忙(たぼう)を極(きわ)めたためか体調を崩(くず)し、91年には全ての公職を辞任(じにん)して大磯(おおいそ)(神奈川(かながわ)県)の別荘(べっそう)に移(うつ)りました。この頃は歩くことも困難(こんなん)でしたが、学問研究だけは続けていたそうです。寝(ね)たきりとなっていた97(明治30)年、天皇(てんのう)から「男爵(だんしゃく)」の位(くらい)が授(さず)けられたことを聞くと、安心したように息を引き取りました。67歳でした。

2017年8月23日 無断転載禁止

こども新聞