島根舞台ゲーム「ルートレター」 スマホ版配信 松江で魅力PR

 島根県を舞台にしたゲーム「ルートレター」のスマートフォン用アプリの配信が始まった25日、松江市向島町の山陰中央テレビで、制作した角川ゲームス(東京都)の安田善巳社長(58)=松江市出身=が、登場人物を演じた声優の日高のり子さん(55)と共に魅力を伝えた。

 ゲームは、主人公の男性が、15年前に返信が途絶えたペンフレンドの女性を探して謎を解く内容。松江城や八重垣神社、一畑電車といった名所をはじめ、商店街や町並みなどの風景も忠実に再現している。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年8月26日 無断転載禁止