商業施設に高齢者送迎 雲南で「ショッピングリハビリ」

 高齢者を送迎して商業施設で体操と買い物をしてもらう「ショッピングリハビリ」事業が、雲南市木次町里方のマルシェリーズで9月に始まる。鳥取県大山町で福祉機器開発、販売を手掛けてきた光プロジェクト(杉村卓哉社長)が店内に本社を移し、市や地域自主組織と連携して行う。介護予防とともに買い物難民の救済や地域経済の活性化を目指している。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2017年8月28日 無断転載禁止