女子ログ 高校生とアクセサリー作り

 去年から始めたプラバンとパステルを使ってのアクセサリー作り。今年からはイヤリングやピアス、ネックレス、ブローチを作って町内のお店やイベントで置かせてもらっている。

 そのイヤリングを気に入ってくれた地元の高校生が、自分も作ってみたいと言ってくれたので、一緒にアクセサリーワークショップを行うことになった。教えながら一緒に作ることは初めてだったので、最初は戸惑った。材料を買い、手順を紙に書いて準備をし、頭の中で何度もイメージして当日を迎えた。

 当日は、3人の高校生が来てくれた。プラバンに好きな形を書いて、パステルで色付けしていく。形も色も好みは三者三様で、見ているこちらも楽しかった。最後にはかわいいイヤリングが完成し、3人とも楽しんでくれたようで安心した。

 「お母さんにあげます」という子や、友達や誰かにプレゼントするという子もいて感心してしまった。自分で作ったものを誰かにあげて喜んでもらえることはうれしいことだよなと、こちらが教えてもらった。

 私自身が好きで始めたアクセサリー作りを、一緒にすることで高校生が喜んでくれたことが驚きでもあり、うれしいことでもあった。これからも、要望があればアクセサリー作り、ワークショップともに続けていきたい。

 (島根県奥出雲町・バタフライ)

2017年9月2日 無断転載禁止